メニュー閉じる

ウラギンヒョウモン

オオウラギンヒョウモンに(るが,後ろ羽の(うらのふちに(ならぶ銀白色のはん(もんの形がちがう小型(こがたのチョウ。年1回発生し,暖地(だんちでは5月下旬(がつげじゅんから,寒冷(かんれい地では7月下旬(げじゅんにあらわれる。低山(ていざんから山地の草原や渓流(けいりゅうぞいにすみ,アザミ(るいやクリの花などで吸蜜(きゅうみつする。幼虫(ようちゅうはいろいろなスミレを食べる。開張(かいちょう:55〜70mm。(られる時期(じき:5〜7(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP