メニュー閉じる

うんきゃく【運脚】

律令(りつりょう時代,調(ちょう(よう貢納(こうのう品を都まで運んだ農民(のうみん運脚(うんきゃく諸国(しょこく農民(のうみん義務(ぎむで,食料(しょくりょう自弁(じべんであった。農民(のうみんにとって運脚(うんきゃく負担(ふたんは大きく,途中(とちゅうでうえ死にしたり,逃亡(とうぼうする者も少なくなかった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP