メニュー閉じる

うんりゅう【雲粒】

雲をつくっている,きわめて小さい水滴(すいてきまたは氷の(つぶ氷晶(ひょうしょう)。「くもつぶ」ともいう。大きさは直径(ちょっけい2〜40μm(マイクロメートル。1マイクロメートルは1000分の1mm),1cm3あたりの数は100〜400個程度(こていどである。雲粒(うんりゅうは気温0℃以上(いじょうでは水滴(すいてきであるが,0℃以下(いかでもこおらない過冷却(かれいきゃくした水滴(すいてきの場合もある。気温がひくくなるほど氷晶(ひょうしょうが多くなる。

コーチ

雲粒(うんりゅうに太陽光や月光があたると,かさなどの光学現象(げんしょうが見られる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP