エイエルエス【ALS 】

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう。全身の運動ニューロン(神経単位(しんけいたんい)が数年でおかされて筋肉(きんにくが動かなくなってしまう難病(なんびょう。ルー・ゲーリック病ともいう。手足の筋肉(きんにく萎縮(いしゅく筋力(きんりょく低下(ていかがおこり,日常(にちじょう動作に障害(しょうがいが出て,話すこと,食事をすることも困難(こんなんになる。さらに呼吸筋(こきゅうきんのまひによって,呼吸(こきゅう困難(こんなんになり人工呼吸器(こきゅうきにたよらざるをえなくなる。体は動かせないが,意識(いしき感覚(かんかく知能(ちのう障害(しょうがいは出ず,(はいせつ機能(きのう正常(せいじょうにたもたれる。発症(はっしょう原因(げんいん不明(ふめいだが,遺伝(いでん(せい(みとめられず,タンパク(しつ異常凝縮(いじょうぎょうしゅくすることによって運動ニューロンを過剰刺激(かじょうしげきして細胞死(さいぼうしをおこさせる,などの仮説(かせつが出されている。現在(げんざいのところ治療法(ちりょうほうはない。「車椅子(くるまいすの科学者」スティーブン・ホーキングの病気として知られているが,ほかに毛沢東(マオツォトンなどもALSにかかっていたといわれている。⇒ニューロン

PAGETOP