えいが【映画】

フィルムにつづけてうつした写真を,映写機(えいしゃきでスクリーン上にうつしだし,視覚(しかく残像(ざんぞうなどを利用(りようして,連続(れんぞくの動きを再現(さいげんするもの。両縁(りょうえんに送り(あなのある35mm(はばのフィルムを使う映画(えいがや70mmのフィルムを使った大型(おおがた迫力(はくりょくある映画(えいががあり,第二次世界大戦(たいせん後,しばらく最盛(さいせい期がつづいた。しかし,テレビの普及(ふきゅうなどによって観客(かんきゃく減少(げんしょうして斜陽産業(しゃようさんぎょうとなり,今は再生(さいせいへの模索(もさくがつづいている。

PAGETOP