えいきゅうきかん【永久機関】

(1)エネルギーをまったく消費(しょうひしないで,永久(えいきゅうに運動をつづけるようにつくった装置(そうちを第1(しゅ永久機関(えいきゅうきかんという。たとえばダムから落ちた水で発電し,(た電力で落ちた水をもとにもどし,のこった電力でほかの仕事をさせようとするようなものである。

コーチ

これはエネルギー保存(ほぞん法則(ほうそくにあてはまらないので,実現(じつげんすることはできない。

(2)1つの熱源(ねつげんから(ねつをとりいれ,その全部を仕事にかえようとする装置(そうちを第2(しゅ永久機関(えいきゅうきかんという。

コーチ

(ねつは外への変化(へんかをともなわないで低温(ていおんの物体から高温の物体にうつることができないので,実現不可能(じつげんふかのうである。⇒熱力学(ねつりきがく(だい2法則(ほうそく

PAGETOP