エイク(ヤン=ファン=)

(1390〜1441)フランドルの画家。ブルゴーニュ公フィリップ3世にやとわれ,数々の宗教(しゅうきょう画,肖像(しょうぞう画をえがいた。兄ヒューベルトとの共作(きょうさくも多く,兄弟2人の手を明確(めいかく区別(くべつすることはむずかしい。ヤンは油で(いた絵の具を(うす(りかさねる油彩画法(ゆさいがほう完成(かんせいさせ,その後のヨーロッパ絵画の発展(はってん貢献(こうけんした。代表作としては,「ヘントの祭壇画(さいだんが」「受胎告知(じゅたいこくち」「ロランの聖母(せいぼ」「聖母子(せいぼし,大天使ミカエル,(せいカタリナ」などがある。

PAGETOP