エイサー

沖縄県(おきなわけんで,旧暦(きゅうれき(ぼんあけ(8月下旬(がつげじゅんから9月上旬(がつじょうじゅん)に祖先(そせん(れい(むかえ,(おくるために(おこなわれる伝統芸能(でんとうげいのう。「エイサー」とは,その芸能(げいのうでのはやし言葉(ことば(なつ祖霊(それい(むかえる行事(ぎょうじ沖縄(おきなわでも(ふるくから(おこなわれていたが,17世紀初(せいきはじめに本土(ほんどから浄土宗(じょうどしゅう(そう布教(ふきょう(おとずれ,念仏(ねんぶつ念仏歌(ねんぶつうた念仏踊(ねんぶつおどり)を(つたえたものが行事(ぎょうじ(むすびつき,やがて芸能化(げいのうかしていった。明治時代(めいじじだいになり庶民(しょみん(ひろ普及(ふきゅうし,(うた(おどりの芸能(げいのうになり,(だい次世界大戦(じせかいたいせん(太鼓(たいこ(くわわり,現在(げんざいのはでな衣装(いしょうとパフォーマンスで(られる太鼓(たいこエイサーのかたちになった。伝統的(でんとうてきには(かく集落(しゅうらく若者(わかものたちが家々(いえいえ(まわるかたちで(おこなわれるが,全島(ぜんとうエイサー(まつりをはじめとして沖縄各地(おきなわかくち芸能(げいのうイベントとしても開催(かいさいされている。

PAGETOP