えいせいうちあげビジネス【衛星打ち上げビジネス】

外国,研究機関(きかん民間企業(みんかんきぎょうの人工衛星(えいせいを,金銭(きんせんでうけおってロケットで打ち上げること。現在(げんざい,人工衛星(えいせいを打ち上げるロケット技術(ぎじゅつのあるのは世界で8か国と欧州宇宙機関(おうしゅううちゅうきかんだが,それ以外(いがいの国の場合,または自国のロケットより信頼性(しんらいせい経済性(けいざいせいが高いか時間(てき制約(せいやくがある場合には,依頼(いらいして人工衛星(えいせいを打ち上げてもらうことになる。2012年現在(げんざい各国(かっこく衛星(えいせい打ち上げ用ロケットとその打ち上げコスト(製造費(せいぞうひと打ち上げ()は,欧州宇宙機関(おうしゅううちゅうきかんのアリアン5ロケットで80(おく円,ロシアのプロトンロケット68(おく円,アメリカのデルタ4ロケット(休止中),中国の長征(ちょうせい3ロケット56(おく円,日本のH-ⅡAロケットが90(おく円など。なかでもアリアン5ロケットは信頼性(しんらいせいの高さと静止(せいし軌道(きどう投入能力(のうりょく衛星搭載能力(えいせいとうさいのうりょく)がH-ⅡAロケットの2倍とあって(2(打ち上げればコストは2分の1になる),世界の人工衛星(えいせい打ち上げの50%以上のシェアをほこっている。◇2012年5月,日本のH-ⅡAロケット(三菱(みつびし重工業製造(せいぞう・打ち上げ,JAXA管制(かんせい)が,日本の観測衛星(かんそくえいせいとともに韓国(かんこくの実用衛星(えいせいの打ち上げ・軌道(きどう投入に成功(せいこう(はつの外国からの受注打ち上げとなった。しかし,今後の受注には高い打ち上げコストが(かべとなっている。⇒H-Ⅱロケット

PAGETOP