メニュー閉じる

えいせいつうしん【衛星通信】

通信衛星(つうしんえいせい中継(ちゅうけいして行う地球上相互(そうご間の無線通信(むせんつうしん中継(ちゅうけい局となる人工衛星(えいせいを打ち上げておき,これにむかって,地球のある地点にある地上局から電波(マイクロ波)を送る。その電波が,衛星(えいせい受信(じゅしんされ,増幅(ぞうふく発信(はっしんされてくるのを,遠くはなれたほかの地上局がとらえる。回線の使用効率(こうりつを高める新しい通信(つうしん方式がつぎつぎと開発され,利用(りよう分野が広い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP