メニュー閉じる

エイチアールず【HR図】

恒星(こうせい分類(ぶんるいするときなどに用いる図。ヘルツシュプルング=ラッセル図ともいう。横軸(よこじく恒星(こうせいの表面温度をしめすスペクトル(がた(または色指数)をとり,縦軸(たてじくに明るさをしめす絶対(ぜったい等級(または見かけの等級)をとってそれぞれの恒星(こうせいを点で表した図である。横軸(よこじくはふつう左(がわほど表面温度が高くなるようにめもる。恒星(こうせいをこの図に記入すると,大きく3つのグループに分けられる。図の左上から右下にかけて対角線近くに位置(いちしている恒星(こうせい主系(しゅけい列星といい,太陽もこの列の中ほどにある。大多数の恒星(こうせい主系(しゅけい列星である。主系(しゅけい列星の上,すなわち図の中央から右上に位置(いちする恒星(こうせい巨星(きょせい超巨星(ちょうきょせいとよばれ,半径(はんけいがひじょうに大きいが,表面温度はひくい。主系(しゅけい列星の左下に位置(いちする恒星(こうせいは白色わい星とよばれ,半径(はんけいがひじょうに小さいが,表面温度は高い。

コーチ

HR図を利用(りようして,遠い星の距離(きょりをもとめることができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP