メニュー閉じる

えいへいじ【永平寺】

福井(ふくい吉田郡永平寺(よしだぐんえいへいじ町にある曹洞宗(そうとうしゅうの大本山。曹洞宗(そうとうしゅうをつたえた道元(どうげんが,延暦寺(えんりゃくじ圧迫(あっぱくをさけて京都(きょうとから越前(えちぜん国(福井(ふくい県)にうつり,地頭の波多野氏(はたのし寄進(きしんを受けて,1244年に創建(そうけんした。(はじ大仏寺(だいぶつじといったが,2年後に永平寺(えいへいじ改名(かいめい。当時の寺は現在(げんざい地より山奥(やまおくにあったが,5世義雲(ぎうんのときに現在(げんざい地にうつり,以後(いご曹洞宗(そうとうしゅうの根本道場としてさかえた。2度の火災(かさいにあい,現存(げんそん建物(たてものの大部分は近代に再建(さいけんされたものである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP