メニュー閉じる

エカテリーナにせい【エカテリーナ2世 】

(1729〜1796)ロシアの女帝(じょてい在位(ざいい1762〜1796)。大帝(たいていともいわれる。ドイツの小貴族(きぞく(むすめで,1745年,のちのロシア皇帝(こうていピョートル3世(在位(ざいい1762)と結婚(けっこん。クーデターで夫の皇帝(こうていを追放し,かわって(くらいについた。啓蒙(けいもう君主とよばれ,新しい法典(ほうてん(へんさんさせたが,農奴(のうどに対する貴族(きぞく特権(とっけんを強化し,トルコとたたかって黒海北岸の地をとり,ポーランド分割(ぶんかつ領土(りょうどを広げた。

コーチ

使節(しせつラクスマンにともなわれて漂流民(ひょうりゅうみん大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆうが日本に帰国できたのは,エカテリーナ2世のはからいによる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP