メニュー閉じる

えき【駅】

(1)古代の日本で,おもな交通路におかれ,公私(こうしの旅行のため,駅馬や役夫を提供(ていきょうした場所。

(2)明治(めいじ時代以降(いこう,列車を停止(ていしさせ,旅客・貨物(かもつなどのとりあつかいのために常時(じょうじ使われる場所,停車(ていしゃ場。現在(げんざいの鉄道の駅は,その業務(ぎょうむによって,旅客と貨物(かもつをとりあつかう普通(ふつう駅,主として旅客をあつかう旅客駅,主として貨物(かもつをあつかう貨物(かもつ駅に分類(ぶんるいされる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP