メニュー閉じる

えきば【駅馬】

古代(こだい日本(にほん駅制(えきせい律令制(りつりょうせい交通制度(こうつうせいど)において,駅家(えきか(えき)ごとに(かれた運送用(うんそうよう(うま。はゆま(早馬(はやうま(てん)ともいう。日本では,奈良時代(ならじだいのころから(みやこ地方(ちほう(むす道路(どうろ(ととのえられた。(やく16kmごとに(もうけられた駅家(えきかには駅馬(えきば(かれ,緊急(きんきゅう用事(ようじのある役人(やくにん重要(じゅうよう文書(ぶんしょ(はこ役人(やくにん利用(りようした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP