メニュー閉じる

えきべん【駅弁】

鉄道旅行のさい,車中(しゃちゅう(べるために駅の売店(ばいてんやプラットホーム,車内で販売(はんばいされている弁当(べんとう駅弁(えきべん第1(ごうは,1884(明治(めいじ17)年の高崎(たかさき駅,1885年の宇都宮(うつのみや駅の,おにぎりに(け物の弁当(べんとう,また1877(明治(めいじ10)年の梅田(うめだ駅で販売(はんばいされたのが最初(さいしょ,などの諸説(しょせつがある。もとはどの駅でも同じような(まく内弁当(うちべんとうが多かったが,やがて地方の食材(しょくざいを生かした「ご当地弁当(とうちべんとう」が多くなり,手軽(てがる郷土(きょうど味覚(みかくを味わえる旅行の楽しみの1つになった。北海道のカニめし・イカめし,富山(とやまのマスずし,群馬(ぐんま(とうげ(かまめし,広島(ひろしまのカキめしなどが代表的(だいひょうてきなもの。デパートやスーパーマーケットでも産地直送(さんちちょくそうで売られることが多くなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP