メニュー閉じる

*えきほう【液胞】

空胞(くうほうともいう。植物細胞(さいぼうの中で,水溶液(すいようえきのたまっている空所で細胞質(さいぼうしつにかこまれ,液胞膜(えきほうまくで区画されている。細胞(さいぼうがわかいときは小さいが,成長(せいちょうするにつれて液胞(えきほうも大きくなり,となりあったものと合わさって,ついには細胞(さいぼう内の大部分をしめるようになる。液胞(えきほう内の液体(えきたい細胞液(さいぼうえきといい,糖分(とうぶん有機質(ゆうきしつ色素(しきそなどがふくまれている。

コーチ

動物細胞(さいぼう一般(いっぱん液胞(えきほうをもたないが,アメーバ・ゾウリムシなど原生動物の収縮胞(しゅうしゅくほう食胞(しょくほう液胞(えきほう一種(いっしゅといわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP