メニュー閉じる

エケルトずほう【エケルト図法】

面積(めんせきが正しく表される地図をつくる図法(ずほうの1つ。ドイツ人エケルトが考案(こうあんしたもので,北極(ほっきょく南極(なんきょくが点でなく,赤道の長さの半分の線分で表されている。(きょく地方のゆがみが小さいことが特色(とくしょくで,世界全図をえがくのに利用(りようされる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP