メニュー閉じる

エコール=ド=パリ

第一次世界大戦(たいせん後の1925年ごろパリで活躍(かつやくした外国人画家の一群(いちぐん総称(そうしょう。パリ(の意味。主義(しゅぎ主張(しゅちょうはなく,それぞれの体験(たいけんにもとづく独自(どくじの絵画を追求(ついきゅうした。モジリアニ(イタリア),シャガール(ロシア),スーティン(ロシア),ピカソ(スペイン),ミロ(スペイン),藤田嗣治(ふじたつぐはる(日本)などが代表的(だいひょうてき画家。作品には戦争(せんそう影響(えいきょうとあいまって,一種(いっしゅ哀愁(あいしゅう孤独(こどく感が流れているのが共通(きょうつう特徴(とくちょうである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP