メニュー閉じる

エチオピア(連邦民主共和国)

アフリカ北東部にある,アフリカ最古(さいこ独立(どくりつ国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都アディスアベバ。国土の大部分がエチオピア高原にあり,海抜(かいばつ1500〜2500mの範囲(はんいに人口が集中。高原の北部は降水量(こうすいりょうが少なく,テフ(アワの一種(いっしゅ)・麦(るい・モロコシ(るい・豆(るい栽培(さいばい,牛・羊の飼育(しいくが行われる。高原の南部は熱帯(ねったい雨林地帯(ちたいで,テフやコーヒーの産地(さんち(カファという場所はコーヒー誕生(たんじょうの地)。紀元(きげん前10世紀(せいきごろ王国が成立(せいりつしたといわれる古い歴史(れきしをもつ国で,皇帝(こうてい支配(しはいがつづいた。1974年に皇帝(こうてい廃位(はいいされ,その後は社会主義(しゅぎ化が進められたが,全土が内戦状態(ないせんじょうたいになった。1991年以降(いこう,社会主義(しゅぎ路線から転換(てんかん面積(めんせき:110.4万km2,人口:8295万。

国名の由来

ギリシャ語で「日に(けた顔の人々」を意味するアイティオピアによる。

国旗(こっきの由来

緑・黄・赤はアフリカの色,中の紋章(もんしょうは「ソロモンの星」で国家の統合(とうごう発展(はってんを表している。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP