メニュー閉じる

えちごや【越後屋】

江戸(えど時代,豪商三井(ごうしょうみつい家が経営(けいえいした呉服(ごふく店。現在(げんざい三越百貨店(みつこしひゃっかてんの前身。伊勢(いせ三重(みえ県)松阪(まつさかで酒屋・質屋(しちや経営(けいえいしていた三井高利(みついたかとしが1673年に江戸(えど京都(きょうとに,ややおくれて大阪(おおさか呉服(ごふく店を開いた。以後(いご反物(たんものの切り売りやバーゲンセールで客をひきつけたが,なかでも評判(ひょうばんだったのは「現金掛値(げんきんかけねなし」という現金(げんきんによる正札販売(しょうふだはんばいや,「店前売り」といって,その日のうちに呉服(ごふくを仕立ててわたす新商法(しょうほうであった。

コーチ

それまでの店は,現金(げんきん売りでなく,あとで((ぼん(くれなど)まとめて代金を受けとる約束(やくそくで,品物を売る(け売りだった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP