メニュー閉じる

えっちゅう【越中(国)】

富山(とやま県の(きゅう国名。北陸道(ほくりくどうの1国。国府(こくふ国分寺(こくぶんじは今の高岡(たかおか市におかれた。略称(りゃくしょう越州(えっしゅう」。古くは(こし国の一部で,天武天皇(てんむてんのうのとき越前(えちぜん越中(えっちゅう越後(えちごに3分された。鎌倉(かまくら時代に比企(ひき名越氏(なごししが,室町(むろまち時代には畠山氏(はたけやまし守護(しゅごとなる。戦国(せんごく時代末期(まっき佐々成政(さっさなりまさ領有(りょうゆうしたが豊臣秀吉(とよとみひでよしに追われ,以後(いご加賀(かが前田氏(まえだし支配(しはいし,江戸(えど時代も同氏(どうし支藩(しはんとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP