メニュー閉じる

えとうしんぺい【江藤新平】

(1834〜1874)明治(めいじ時代初期(しょき政治(せいじ家。肥前藩(ひぜんはん佐賀(さが県)の出身。倒幕(とうばく運動に活躍(かつやくし,明治新政府(めいじしんせいふでは司法卿(しほうきょう(今の法務大臣(ほうむだいじん)として民法編(みんぽうへんさんなど司法制度(しほうせいどをととのえることにつくした。征韓論(せいかんろんをとなえて西郷隆盛(さいごうたかもりらと政府(せいふを去り,1874(明治(めいじ7)年には民撰議院設立建白書(みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ署名(しょめい郷里(きょうり佐賀(さがに帰り,不平(ふへい士族(しぞくをひきいて佐賀(さが(らんをおこしたが,とらえられて処刑(しょけいされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP