メニュー閉じる

*えどじだい【江戸時代】

徳川家康(とくがわいえやす江戸幕府(えどばくふを開いた1603年から,徳川慶喜(とくがわよしのぶ大政奉還(たいせいほうかんした1867年までの265年間。家康(いえやすから3代将軍(しょうぐん家光(いえみつまでの間に,朝廷(ちょうてい武士(ぶし百姓(ひゃくしょう町人(ちょうにん統制(とうせい鎖国(さこく政策(せいさく完成(かんせいして幕藩体制(ばくはんたいせい確立(かくりつしたものの,5代将軍綱吉(しょうぐんつなよしのころから幕府(ばくふ財政(ざいせいは苦しくなり,享保(きょうほう寛政(かんせい天保(てんぽう幕政改革(ばくせいかいかくが行われた。しかし,貨幣経済(かへいけいざい発達(はったつにより町人の力が強くなり,百姓一揆(ひゃくしょういっきや打ちこわしが続出(ぞくしゅつし,外国船の来航(らいこうと開国で国内が動揺(どうようするなかで江戸幕府(えどばくふはほろび,(やく700年にわたる武家政治(ぶけせいじは終わった。

コーチ

この間,日本独自(どくじの文化が発達(はったつし,元禄(げんろく期には経済(けいざい力をもつ町人の力を背景(はいけい上方(かみがたで町人文化が開花し,化政(かせい期には江戸(えどを中心に円熟(えんじゅくした町人文化がさかえた。⇒元禄文化(げんろくぶんか化政文化(かせいぶんか

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP