メニュー閉じる

えのもとたけあき【榎本武揚】

(1836〜1908)明治(めいじ時代前期の政治(せいじ家。通称(つうしょう釜次郎(かまじろう江戸(えどに生まれ,オランダに留学(りゅうがく後,幕府(ばくふ海軍副総裁(かいぐんふくそうさいとなった。江戸開城(えどかいじょう後,幕府(ばくふ艦隊(かんたいをひきいて,箱館(はこだて北海道(ほっかいどう)の五稜郭(ごりょうかくにたてこもって新政府軍(しんせいふぐん反抗(はんこうしたがやぶれた。のちにゆるされて,黒田清隆(くろだきよたかの下で北海道開拓(ほっかいどうかいたく従事(じゅうじしたのち,ロシア公使になり,樺太(からふと千島交換条約(ちしまこうかんじょうやくをむすんだ。のち,逓信(ていしん外務(がいむ・文部の各大臣(かくだいじん歴任(れきにんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP