メニュー閉じる

エボラしゅっけつねつ【エボラ出血熱】

アフリカのある地域(ちいき常在(じょうざいするウイルスの感染(かんせんによる出血熱(しゅっけつねつ頭痛(ずつう発熱(はつねつなどからはじまり,出血がみられる。全身(ぜんしん毛細血管(もうさいけっかん(けっせん(血液(けつえきのかたまり)ができて,死亡(しぼうする。◇1976年に,コンゴ民主共和国(みんしゅきょうわこくのエボラ川で大流行した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP