メニュー閉じる

えましょうこ【江間章子】

(1913〜2005)現代(げんだいの詩人・作詞(さくし家。新潟(にいがた県に生まれる。県立高等女学校を卒業(そつぎょう後,上京する。百田宗治(ももたそうじの『(しいの木』の同人となり,その後は『詩と詩論(しろん』に作品を発表するようになった。第二次世界大戦(たいせん後は『現代詩(げんだいし』『日本未来派(にほんみらいは』にくわわる一方,日本女流詩人の会の機関誌(きかんし女性詩(じょせいし』の編集(へんしゅうにたずさわった。伝統主義(でんとうしゅぎに反するモダニズムの反俗性(はんぞくせい純粋性(じゅんすいせいとを長くもちつづけた詩人。詩集『春への招待(しょうたい詩論集(しろんしゅう『詩へのいざない』など。『夏の思い出』『花の(まち』もかの女の作詞(さくしである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP