メニュー閉じる

エラトステネス

(前275ごろ〜前194ごろ)ギリシャの数学者・天文学者・地理学者。プトレマイオス3世の(まねきでアレキサンドリア博物館長(はくぶつかんちょうとなる。素数(そすうをえらびだす「エラトステネスのふるい」を発見し,また,アレキサンドリアとシエネ(現在(げんざいのアスワン)間の距離(きょりから,はじめて赤道の全周(ぜんしゅう(やく4万5000km(実際(じっさい(やく4万km)と計算した。著書(ちょしょにはじめての数学的(すうがくてき地理学書といわれる『地理学』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP