メニュー閉じる

エリザベスにせい【エリザベス2世】

(1926〜 )イギリス,およびオーストラリアをはじめとするイギリス連邦(れんぽう王国16か国の国王(女王)(在位(ざいい1952〜 )。国王ジョージ5世の次男ヨーク公アルバートの長女として生まれる。名前はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー。1936年,おじのエドワード8世が突然退位(とつぜんたいいしてしまったため父がジョージ6世として即位(そくい将来(しょうらい王位継承(おういけいしょう約束(やくそくされた。宮殿内(きゅうでんない帝王学(ていおうがくと学問を学び,第二次世界大戦(たいせん中は近衛連隊(このえれんたい名誉連隊長(めいよれんたいちょうとして実際(じっさい軍務(ぐんむ慰問(いもん激励(げきれい従事(じゅうじ,国内で後方支援(しえんにあたった。1947年,ギリシャおよびデンマーク王子フィリッポ(エジンバラ公爵(こうしゃくフィリップ)と結婚(けっこん,3男1女をもうける。1952年2月,病弱だった父ジョージ6世の死亡(しぼうによりエリザベス2世として即位(そくい以降(いこう(おとろえゆくイギリス王国を(ささえるため親善(しんぜん外交など精力的(せいりょくてき公務(こうむをこなし,また,国民(こくみんに親しまれる王室を目ざし活発な活動を行ってきている。◇2012年には在位(ざいい60周年(しゅうねん(むかえ,祝賀式典(しゅくがしきてんには各国(かっこく王族をはじめ日本の天皇(てんのう皇后両陛下(こうごうりょうへいか参列(さんれつした。⇒イギリス王室

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP