メニュー閉じる

エルステッド(ハンス=クリスティアン=)

(1777〜1851)デンマークの物理学者。ランゲランド島の生まれ。コペンハーゲン大学で薬学を学んだが,カント哲学(てつがくの研究で学位(がくい(る。1806年コペンハーゲン大学教授(きょうじゅとなり,1820年磁石(じしゃくが電流から力を受けることを発見。化学の分野でも金属(きんぞくアルミニウムの単独分離(たんどくぶんり成功(せいこうするなど数々の研究がある。工科大学を設立(せつりつするなどデンマークでの科学振興(しんこう貢献(こうけんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP