メニュー閉じる

エルンスト(マックス=)

(1891〜1976)ドイツの前衛(ぜんえい画家。ドイツ西部のケルン近郊(きんこうに生まれ,のちにフランスに移住(いじゅうした。最初(さいしょはダダイズム(第一次世界大戦(たいせん中にスイスでおこった新しい芸術(げいじゅつ運動)にくわわり,パリに行ってからはダダイズムを吸収(きゅうしゅう発展(はってんさせたシュールレアリスム(超現実主義(ちょうげんじつしゅぎともいい,(ゆめ幻想(げんそうの世界を表そうとする芸術(げいじゅつ運動)の中心となって活躍(かつやくした。さまざまな技法(ぎほうを用いて,(ゆめ現実(げんじつがまじりあった幻想的(げんそうてきな絵をえがいた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP