メニュー閉じる

えんきせい【塩基性】

塩基(えんきが示す性質(せいしつをいう。(さんを中和して(えんをつくる(はたらきや,水溶液(すいようえき中(水に可溶性(かようせいのものの場合)において,電離(でんりして生ずる水酸化(すいさんか物イオンの性質(せいしつなどをいう。水溶液(すいようえきはアルカリ(せいを示し,特徴(とくちょうとしては,苦味(にがみをもち,赤色リトマス紙を青色にかえる。フェノールフタレインをくわえると赤くなる。

コーチ

この性質(せいしつ水酸化(すいさんか物イオン(OH-)によるものである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP