メニュー閉じる

えんきんほう【遠近法】

風景(ふうけいや物の形を遠近の距離(きょり感がでるように表す絵画の技法(ぎほうの1つ。透視画法(とうしがほう透視図法(とうしずほうともいう。ヨーロッパで発達(はったつした技法(ぎほうで,種類(しゅるいに線遠近法(えんきんほう・空気遠近法(えんきんほうなどがある。

(1)線遠近法(えんきんほう遠近法(えんきんほう代表的(だいひょうてきなもので,ガラス板に物体を写すような方法(ほうほうで,写真と同じような絵をえがく方法(ほうほう。遠くにあるものほど小さくえがかれる。

(2)空気遠近法(えんきんほう…遠いところは明暗が少なく,色もうすい。遠くをうすい色で,近くを(い色で表す方法(ほうほうで,遠方ほどあわく,かすんだようにえがかれる。

(3)(みたて遠近法(えんきんほう…遠くのものを上へ上へと(みかさねるようにえがく方法(ほうほうで,東洋画や児童(じどう画に多く見られる。

コーチ

遠近法(えんきんほうはルネサンス時代に完成(かんせいしたといわれ,レオナルド=ダ=ビンチの「最後(さいご晩餐(ばんさん」がその代表例(だいひょうれい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP