メニュー閉じる

えんじん【猿人】

(やく500万年前から(やく100万年前に生きていた化石人類(じんるい一種(いっしゅ。顔つきや体の形は,いまの類人猿(るいじんえん,とくにチンパンジーに(ていた。(のうの大きさもまだ500cm3あまりで,ゴリラと同じぐらいであった。しかし,サルとちがって,かれらは2本足で立って歩き,歯の形も,人類(じんるい特徴(とくちょう(しめしていた。また,きわめて原始的(げんしてき石器(せっき(ほねでつくった道具を使い,小さな動物をとらえて食べていたと思われる。猿人(えんじんの化石は,アフリカで多く発見されているが,ジャワ(インドネシア)でもよくにた化石が見つかっている。◇1924年以降,南アフリカ各地(かくちで発見されたアウストラロピテクスは,この猿人(えんじんのなかまである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP