メニュー閉じる

えんずい【延髄】

(のう最下(さいか部で,脊髄(せきずいの上方にある部分。脊髄(せきずいより太くなっているので,(きゅうともよばれる。延髄(えんずいには脳神経(のうしんけいの大部分がでる灰白質(かいはくしつがある。また延髄(えんずいには呼吸(こきゅう血管(けっかん運動の中枢(ちゅうすう,消化の調節(ちょうせつ中枢(ちゅうすう,目の反射(はんしゃ気管保護(きかんほご反射(はんしゃ中枢(ちゅうすうなどがあり,生命の維持(いじ(もっとも大切な部分ということができる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP