メニュー閉じる

えん・せん・りん【円・銭・厘】

1871(明治(めいじ4)年,政府(せいふ新貨条例(しんかじょうれい発布(はっぷして新しくつくった貨幣(かへい単位(たんい。円を基本単位(きほんたんいと定め,補助単位(ほじょたんいとして円の100分の1を1(せん,1000分の1を1(りん(しょうした。

コーチ

制定(せいてい時の1両(1000文)を1円にあてた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP