メニュー閉じる

えんちん【円珍】

(814〜891)平安時代初期(しょき天台宗(てんだいしゅう(そう讃岐(さぬき国(香川(かがわ県)に生まれ,俗姓(ぞくせい和気氏(わけし,空海のめいの子ともいう。15(さいで出家,延暦寺(えんりゃくじ座主義真(ざすぎしんの弟子になる。853年(とう(中国)にわたり蘇州(スーチョウ長安(ちょうあん西安(シーアン)で修行(しゅぎょう,858年帰国。868年に第5世天台座主(ざすとなる。延暦寺別院(えんりゃくじべついんとして園城寺(おんじょうじ三井寺(みいでら)を再興(さいこうし,のち弟子たちがこの寺によって寺門派(じもんは(しょうし,延暦寺(えんりゃくじ山門派(さんもんはと対立した。◇死後,朝廷(ちょうていから智証大師(ちしょうだいしとおくり名された。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP