メニュー閉じる

エントロピー

(ねつ力学において,物質系(ぶっしつけい状態(じょうたい(しめ物理量(ぶつりりょうの1つ。物質系(ぶっしつけいが,絶対(ぜったい温度Tのもとで,状態(じょうたいAから状態(じょうたいBへの等温可逆的(かぎゃくてき変化(へんかにより微小(びしょう熱量(ねつりょうdQをうけるとき,そのエントロピーSは dS = dQ/Tだけ増加(ぞうかすると定義(ていぎされる。物質系(ぶっしつけいが外部と(ねつの出入りなしに断熱変化(だんねつへんかするとき,変化(へんか不可逆的(ふかぎゃくてきであればかならずエントロピーは増大(ぞうだいする((ねつ力学第2法則(ほうそく)。統計(とうけい力学では,物質(ぶっしつ構成(こうせいする粒子(りゅうしなどの運動の秩序(ちつじょの度合いをあらわすものとされ,無秩序(むちつじょのものほどエントロピーは大きいことになる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP