メニュー閉じる

えんにん【円仁】

(794〜864)平安時代初期(しょき天台宗(てんだいしゅう(そう下野(しもつけ国(栃木(とちぎ県)に生まれ,俗姓(ぞくせい壬生氏(みぶし。9(さいで出家,15(さいのとき延暦寺(えんりゃくじに入り最澄(さいちょうの弟子になる。838年(とう(中国)にわたり修行(しゅぎょう,何人もの高僧(こうそうのもとで密教(みっきょうを学び,847年帰国。854年に第3世天台座主(ざすとなる。天台宗(てんだいしゅう密教的要素(みっきょうてきようそをくわえ,朝廷(ちょうていにも重く用いられ,天台宗(てんだいしゅう発展(はってん基礎(きそ(きずいた。山門派(さんもんは(とされる。著書(ちょしょに『入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき』がある。◇死後,朝廷(ちょうていから慈覚大師(じかくだいしとおくり名された。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP