*えんりゃくじ【延暦寺】

滋賀(しが大津(おおつ市にある天台宗(てんだいしゅう(そう本山。京都(きょうとの北東の比叡(ひえい山上にあり,788年に最澄(さいちょうがたてた比叡山寺(ひえいざんじ起源(きげん最澄(さいちょう(とう(中国)から帰国して天台宗(てんだいしゅうをつたえた。最澄(さいちょうの死後,823年に朝廷(ちょうていから延暦寺(えんりゃくじという寺号を受ける。円仁(えんにん円珍(えんちんの時代に発展(はってんしたが,993年,派閥争(はばつあらそいのため,山門(さんもん延暦寺派(えんりゃくじは)と寺門(じもん園城寺(おんじょうじ()に分かれた。しかし,広い荘園(しょうえんと多くの僧兵(そうへいをもち,政治的(せいじてきにも大きな力があった。のち織田信長(おだのぶなが(き打ちされ,豊臣秀吉(とよとみひでよし再建(さいけんした。

交通

京阪(けいはん電鉄坂本(さかもと駅からケーブルカーで10分,延暦寺(えんりゃくじ駅下車。JR京都(きょうと駅からバスの便(びんもある。

コーチ

鎌倉新仏教(かまくらしんぶっきょう開祖(かいそは,いずれもこの寺に学んでいる。

PAGETOP