メニュー閉じる

オーいちいちいち【O111】

重い食中毒(しょくちゅうどくをひきおこす腸管(ちょうかん出血性大腸菌(せいだいちょうきん一種(いっしゅ。O111とは,(きんの表面にあるO抗原(こうげんが111番目に発見されたという意味で,ほかにも病原(せい大腸菌(だいちょうきんとしてO28,O157などが知られている。牛などの家畜(かちく糞便(ふんべんからしばしば見つかり,肉に付着(ふちゃくして感染(かんせんが広まることが多い(牛には症状(しょうじょうは出ない)。人に感染(かんせんすると大腸(だいちょう寄生(きせいし,ベロ毒素(どくそ(シガ毒素(どくそ)を出して腸管(ちょうかん細胞(さいぼう破壊(はかいして出血(せい大腸炎(だいちょうえんをひきおこし,はげしい腹痛(ふくつう血便(けつべん症状(しょうじょう(あらわれる。また,ベロ毒素(どくそ血液中(けつえきちゅうにとりこまれて溶血性(ようけつせい尿毒症(にょうどくしょう症候群(しょうこうぐん急性脳症(きゅうせいのうしょうをひきおこすこともあり,その場合は重症(じゅうしょうになり死亡(しぼうすることもある。75.1℃以上で死滅(しめつする(きんなので(にくをよく加熱(かねつすれば感染(かんせん予防(よぼうできるが,生肉,十分火の通っていないハンバーグなどを食べて感染(かんせんする(れいが多い。◇2011(平成(へいせい23)年4月,富山(とやま福井(ふくい神奈川(かながわ県の(き肉チェーン店で韓国(かんこくの生肉料理(りょうりユッケを食べた客にO111による集団食中毒(しゅうだんしょくちゅうどくが発生し死亡者(しぼうしゃも出ている。⇒大腸菌(だいちょうきん,O157

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP