メニュー閉じる

おういん【押韻】

詩の中で一定の音をきまった位置(いちにくりかえして用い,音調を美しくととのえること。「(いんをふむ」ともいう。漢詩や西洋の詩には古くから押韻(おういんのきまりがあった。頭韻(とういん(の頭の字に押韻(おういんする)と脚韻(きゃくいん(末尾(まつびの字に押韻(おういんする)がある。◇孟浩然(もうこうねんの『春暁(しゅんぎょう』という五言絶句(ごごんぜっく春眠不覚暁(春眠暁(しゅんみんあかつき(おぼえず),処処聞啼鳥(処処啼鳥(しょしょていちょうを聞く),夜来風雨声(夜来風雨の声),花落知多少(花落つること知る多少ぞ)では,1,2,4句末(くまつの「暁(gy)」「鳥(ty)」「少(sy)」が(いんをふんでいる。漢詩の五言絶句(ごごんぜっくでは2,4句末(くまつに(1句末(くまつにすることもある),七言絶句(しちごんぜっくでは1,2,4句末(くまつ押韻(おういんするなどのきまりがある。⇒絶句(ぜっく律詩(りっし

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP