メニュー閉じる

おうかせいさく【欧化政策】

幕末(ばくまつ(むすばれた不平等条約(ふびょうどうじょうやく改正(かいせいのため,日本が文明国であることを欧米(おうべい人に(しめそうと進められた政策(せいさく。中心人物は井上馨(いのうえかおる明治政府(めいじせいふ欧化政策(おうかせいさくによって,東京(とうきょうを中心とする市街(しがいの近代化が進められた。1つは銀座(ぎんざの町(みのレンガ化であり,もう1つは,1883(明治(めいじ16)年に完成(かんせいした国際的(こくさいてきな社交・親善(しんぜんの場,鹿鳴館(ろくめいかん建設(けんせつである。しかし,自由民権派(みんけんは国粋主義(こくすいしゅぎ者などの攻撃(こうげきにより,1887(明治(めいじ20)年に井上(いのうえ失脚(しっきゃく政策(せいさく失敗(しっぱいした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP