メニュー閉じる

おうけつ【〈甌〉穴】

川底(かわぞこや川岸の岩石のわれ目に入った小石が,川の流れなどによって回転させられ,丸く(あながあいたもの。かめ(あな,ポットホールともいう。木曽(きそ川の寝覚(ねざめ(とこや,(あら川の長瀞(ながとろなどにおう穴群(けつぐんが見られる。◇「(おう」とは小さいかめのこと。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP