メニュー閉じる

おうじょうようしゅう【往生要集】

平安時代の中ごろ,源信(げんしん恵心僧都(えしんそうず)の書いた仏教書(ぶっきょうしょ3(かん極楽(ごくらく浄土(じょうどのすばらしさと念仏(ねんぶつ往生(おうじょう方法(ほうほうをのべたもの。この教えは,おりからの末法(まっぽう思想の流行とあいまって,貴族(きぞくをはじめ,多くの人々の間に広まった。

コーチ

 のちの法然(ほうねん親鸞(しんらんなどにあたえた影響(えいきょうが大きい。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP