メニュー閉じる

おうどこうげん【黄土高原】

中国東部の黄土があつく堆積(たいせきした高原。陰山(インシャン秦嶺(チンリン太行(タイハン賀蘭(ホーラン各山脈(かくさんみゃくにかこまれた地域(ちいき。「こうどこうげん」とも読む。黄土はモンゴル高原の(すなが風で運ばれて堆積(たいせきしたもので,石灰質(せっかいしつをふくんで軽く,夏季(かきに雨が集中するため侵食(しんしょくがはげしい。

コーチ

 中華人民共和国成立(ちゅうかじんみんきょうわこくせいりつ後,保護(ほご林・段々(だんだん畑の造成(ぞうせい小型(こがたダム・貯水(ちょすい池の建設(けんせつなど自然改造(しぜんかいぞうが進められている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP