メニュー閉じる

おうねつ【黄熱】

病原体ウイルスをもったカにさされて感染(かんせんする感染症(かんせんしょう黄熱(おうねつは20世紀(せいきまで中央および南アメリカに多かったが,現在(げんざいでは南アメリカやアフリカのジャングル地方にかぎられてきた。予防(よぼうワクチンがある。◇野口英世(のぐちひでよは研究中に感染(かんせんして死んだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP