メニュー閉じる

おうばくしゅう【黄檗宗】

江戸(えど時代初期(しょき(みん(中国)の僧隠元(そういんげんが開いた禅宗(ぜんしゅう一派(いっぱ。1654年に来日した隠元(いんげんは,4代将軍(しょうぐん徳川家綱(とくがわいえつな保護(ほごを受けて,1661年に宇治(うじ京都府(きょうとふ)に黄檗山万福寺(おうばくさんまんぷくじを開き,以後(いご大阪(おおさか江戸(えどを中心に黄檗宗(おうばくしゅうを広めた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP