メニュー閉じる

オオウラギンスジヒョウモン

ウラギンスジヒョウモンによくにているが,前羽の形が横に細長く,羽の(はしがつき出るチョウ。低山(ていざん地や山地の草原などにすむ。年1回,6月中旬(がつちゅうじゅんから羽化を始め,夏には山地や寒冷(かんれい地をのぞいて,ほとんど見られなくなり,秋になるとふたたび姿(すがたをあらわす。(び方はすばやく,ヒヨドリバナやアザミ(るいなどの草花の(みつをすう。食草はスミレ(るいだが,(たまごは食草以外(いがいのものにうみつけられる。開張(かいちょう:60〜75mm。(られる時期(じき:6〜11(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP