メニュー閉じる

おおおかしょうへい【大岡昇平】

(1909〜1988)昭和時代の小説(しょうせつ家。東京(とうきょうに生まれる。第二次世界大戦(たいせん前は,フランスの作家スタンダールの研究家として知られていた。戦後(せんごになって,フィリピンでの捕虜(ほりょ生活の体験(たいけんをもとにした『俘虜記(ふりょき』を発表して作家としての活動を始めた。代表作に『武蔵野夫人(むさしのふじん』『野火(のび』『レイテ戦記(せんき』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP